×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

REV装着

装着店 Bitte MotorWorks

平成17年4月17日 Bitte MotorWorksにて話題のREVを装着しました。

点火系のパワーアップと言えば、プラズマダイレクトが代表的ですが、最近話題に上がっている
REVをTakumaさんと装着してきました。
REVはプラズマダイレクトとは別の方法でスパークを強くし更に点火時間を長くしています。
コイルは純正をそのまま使用し、REVを横から補助するような形で装着します。
ですので、REVがいかれてしまっても、純正のコイルが生きていますのででエンジンが止まるような事は
無いようです。プラズマダイレクトとの併用もできるそうです。詳しくはREVのHPをご覧下さい。

REVです。M54用6気筒用です。
殆ど無改造でつくようです。(少しプラスチックを削ります)

ヘッドカバーを外したノーマルの状態です。

純正コイルです。これをそのまま使います。

純正コイルにREVを装着します。

コイルを元に戻します。うひゃーかっこいーです。

しかーし、カバーを付けると何も見えません。残念!!
完成です。1時間掛からないくらいですね。

REVのHP

こちらは、Takuma号です。2台目ですので作業も
早かったですね。

お客さんのカウンタックに乗り込むTakumaさん。
緊張&嬉しそうでした。

早速、Takumaさんを横に乗せて試走をしてきました。エンジンを掛け、アクセルを踏み込んだ瞬間
今までとは完全に違う吹き上がり方をしました。スムーズに一気に吹き上がります。これって本当なの?
Bitteを出て少し多めに踏み込むとストレス無く加速します。とても綺麗な回転の上がり方です。
今までもたーとしていた加速がK&NエアフィルターとREVのお陰で、スムーズな加速をします。
横に乗っている、Takumaさんも加速でシートに押し付けられると喜んでいます。

賛否両論あるREVですが、私はかなり気に入りました。これはありです。
この感じが長く継続するかは今後注意して見て行こうと思います。

そして、TakumaさんのTakuma号のインプレッションですが、
私の車に比べて低速でのトルクの太さはあまり感じなかったようです。
これはTakuma号にアーキュレーのマフラーが装着してあり、それによるトルクのマイナス分が私ほどの効果に
ならないようでした。しかし確実にアクセルのつきがよくなり、2千回転以上でとてもよい感じだったそうです。

2台でお台場に向かって急発進や減速、更に下道で気がつくと120Km/h。やばいです。2台の後に白バイが
張り付いてました。私はすぐに気がつきましたので、大丈夫でしたが、危なかった。

なんと、BMW5.NETのメンバーの方が、私のHPを見て
GPSレーダーを付けに来ていました。びっくりです。
神奈川県にお住まいのyosshi-さんです。
これからも宜しくお願いします。

3台のE60です。Bitteに3台のE60は初めてでしょうか。

Bitteに行くといつも雑誌でしか見たこと無いフェラーリやポルシェなどが見れるのですが、
今日はランボルギーニカウンタックが来店しました。このオーナーの方とても気さくな方で運転席に
乗っていいですよと。お言葉に甘えて乗せて頂きました。一生の記念になりました。
私180cmあるのですが、運転は出来そうにありませんでした。地上に寝そべっている感じで、
運転するのですね。良い体験でした。(笑)

いつものようにフェラーリが来店しました。
いい音してましたね。最高です。

新車のアウディーA6−クワトロです。
高そうでした。オーナーさんから色々お話を
伺いました。次はサスキットが入って車高が
下がるそうです。

という事で、とても楽しい1日でした。
Bitteの中村さん装着してくれた、スタッフの皆さん本当に有難うございました。
次はイリジウムプラグを行ってみようと思います。

Back

Takumaさんからインプレのメールが来ました。
かなり良いそうです。通勤時にアップダウンの多い道を選んで走ってみたそうです。
トルクで走るような感じで、急な上り坂もグイグイ登っていくそうです。
Takumaさんもかなりのお気に入りのようです。ちなみに燃費も若干良くなったようです。
私も2日間通勤で乗ってみましたが、アクセルを踏むとタイムラグが無く、すっと吹け上がります。
とてもスムーズな加速をするようになりました。車が軽くなった感じがします。とても乗りやすく、
ますます楽しくなりました。

こういうインプレって感覚的なことですが、とても大事な事だと思います。
こういう感覚的な事って、なかなか数字にはあらわせられないですよね。
まして、車のメーカーでもないし、100分の1を争うレースをやってるわけでもないのですから。
例えば、信号が青になって加速をするときにもう少しすーっと加速しないかなと思っていた時に
それが、かなえばとても嬉しいですよね、そんな感じで良いと思うんですよ。

私はエンジン模型を30年以上やってますが当初はとにかくエンジンにパワーだけを求めていました。
でもこれだけでは、車はうまく走らないのですよね。ある時から下から上まで綺麗に回るエンジンを
求めるようになりました。この方が長丁場のレースは速く走れるし、操縦していて楽しいのです。
エンジンだけではありません、エンジンに付随するパーツもとても重要でした。エアクリーナーも
その一つですね。エアクリーナーをメンテナンスしてあげると安定して回ってくれました。

こういうパーツって必ず賛否両論ありますが、それぞれ人の求めるところがあり
また付けて試してみたいというのがあると思うんです。それがまた楽しいと思うのですが‥‥。

更新